ローズペタルのこだわり

当店では店名「ローズペタル」(バラの花びら)にもあるように、
プリザーブドフラワーでも特にバラにこだわっています。
(その理由はローズストーリーをご覧ください)



【理由その1:バラを1つ1つ美しく仕上げています】

この仕事を始めて、最初に苦労したことは
プリザーブドフラワーは入荷時に美しい状態では入ってこないということでした。

実はプリザーブドフラワーは加工の段階で、
脱色・着色・乾燥・箱詰めと段階を踏むので
完成時には花びらが折れたり、花が曲がっていたりしているものが多いのです。

でもそのあまり綺麗な状態ではないバラを、
そのまま使って商品として売っているお店が余りにも多い
ということ。

一生に一度の晴れ舞台の時に持つ大切なブーケが
そんなことで良い訳がありません
(><)

そこで私は徹底的に独自に研究した技法を使って、
1輪ずつ美しく仕上げることから始めました。
そしてそれは今でも研究をかさねており、美しく進化しています。


【理由その2:世界中のプリザーブドフラワーメーカーから選定】

プリザーブドフラワーを作っている会社は、国内外に10社ほどあります。

その中には、ブーケにした時にとても美しく見える花のブランド(会社)もあれば、
持ちがあまり良くない会社のものもあるのです

ブーケに採用している、私が一流と認めるブランド会社のものは
現在約3社
(フロールエバー・大地農園・アモローサ)ありますが、
その中でもスペイン語で「愛」という名がついたアモローサという
最高級プリザーブドローズに出会った時は非常に感動しました。

お値段は他の2社の2倍ほどしますが、バラの花びらが大きくて厚く非常に丈夫です
世界でもっとも希少価値のあるといわれるエクアドルでしか自生しない品種です

ローズペタルが追求した技術で美しく仕上げられた一流ブランドのバラ達、
そしてバラの女王であるアモローサ


これこそが
最高に美しい花嫁様さまが一生に一度の晴れ舞台にふさわしいブーケ
になるべきバラなのだと確信し、日々 ブーケを作り続けています。


【理由その3:主役である花嫁さまを引き立たせるブーケをデザインいたします】

できるだけお花を自然に美しく見せるために、高度なテクニックを用いて、
一つ一つのお花の表情づくりに手間をかけています。
不自然な開花をしてお花の本来の美しさを損なうようなことはいたしません。

パールやキラキラ輝くオーナメントをふんだんに使った、生花のブーケには出来ない
プリザーブドフラワーならではのブーケ
または生花のブーケと見まがうようなナチュラルなブーケ
あなたのイメージの実現をお約束します



【理由その4:品質に責任を持つため安売りはしません】

大手の会社ではなく、小さなアトリエで製作しています。
なので1万円ブーケというような、大量生産のブーケは作れません。
私が品質に責任を持ち、アシスタントやアルバイト任せにすることはできないからです。

一生に一度の大切なお花にはやはり品質にもこだわりたい
そういう花嫁さまの為に、一つ一つ丁寧に、
花嫁さまの幸せを願いながらお作りいたしております。



【理由その5:高品質!なのに良心的な値段設定】

1つ1つ、手間をかけて美しくリペアしたり、形の悪い花を省いたりと、本来なら2倍ほどのお値段がかかるところですが、
折角の思い出のブーケを記念に残したいけど、高価で手が出ないということのないように
当店では、広告費・諸経費を抑える努力をし、このお値段を実現しています
また大量生産をせず、お花の回転がいい当店だからこそ、常にフレッシュな状態のお花を使用できるのです。
ローズペタルでは、
入荷から3か月以上経ってしまったお花は全て処分しています
(可哀想ですが。。一生に一度の結婚式を彩るブーケですので譲れないポリシーとしています)